2007年05月17日

[北海道ラーメン]札幌竹家食堂ラーメン

大正11年春、大久昌治とタツ夫婦は北海道大学前に「竹家食堂」を開店。
初代料理長の王文彩が作る塩味スープの「肉絲麺(ヨースーメン)」をタツは「ラーメン」と名付け、今やラーメンは庶民に愛される代表料理となりました。

日本で一番最初のラーメン!それが、竹家食堂の塩ラーメンなのです。
「竹家ラーメン塩味」は、当時の味を再現した昔づくりの逸品!伝統を物語る北海道遺産「ラーメン」なのです。
北海道産小麦を100%使用した味わいのある地粉麺とともに、コク深い歴史の味をご堪能下さい。

■ 内容量
竹家ラーメン(醤油味) 2食入
264g(めん重量90g×2)、スープ付


[ 北海道ラーメン ]【北海道グルメマート】札幌竹家食堂ラーメン 醤油味 2食入り

■ 内容量
竹家ラーメン(塩味) 2食入
264g(めん重量90g×2)、スープ付


[ 北海道ラーメン ]【北海道グルメマート】札幌竹家食堂ラーメン 塩味 2食入り


この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。