2007年04月06日

手もみちぢれ麺!米沢ラーメン

手もみちぢれ麺!全国的に珍しい【米沢ラーメン】

いくらラーメンが好きと言っても、毎日毎日食べるに、こってりした味では飽きてしまいます。
あっさりした後味のよいスープ。
これも米沢ラーメンの特長のひとつです。
たとえ毎日でも飽きずに食へてもらえる昧は何か?
細くて縮れのあるラーメンはスープがよく絡み合うから、 ガラもののスープではあまりにも“こってりし過ぎて”飽きがきます。
その点、和風のスープ(かつお節出汁とか煮干し出汁など)はぴったりなのです。

米沢ラーメンのうまさのもうひとつの秘密は、水分をたっぷり含んだ麺。
専門用語で「多加水」という方法で、小麦粉をこねて打つときに、通常よりも多くの水を加えます
(米沢地方の清冽な水が麺を引き立てます)。

打ち上がりを手もみしてそのまま2〜3日熟成させると、歯ごたえのある独特の麺ができ上がります。
人工着色料をいっさい使わないので麺は少し黒味を帯び、「米沢の黒中華」として、全国でも珍しい麺の一つに数えられています。
縮れ具合といい、色といい、水分といい、非常に珍しく、何よりも美味しい。
これが米沢ラーメンの特徴です。

内 容
米沢ラーメン(生中華めん)130g×4袋
醤油味スープ42g×4袋
かくし味0.5g×4袋


手もみちぢれ麺!全国的に珍しい【米沢ラーメン】


この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。