2007年04月05日

博多だるま姉妹店 博多秀ちゃんラーメン

博多だるま姉妹店「伝統と革新の極上ラーメン」
博多 秀ちゃんラーメン

背油たっぷりの濃厚なスープに、麺は極細。
味の追求をし続けた者のみが作り出せる逸品。

博多秀ちゃんラーメン
先代河原登が昭和38年「博多だるまラーメン」を福岡市に開業。
背油たっぷりのスープと極細麺で根強い人気をはくす。
平成8年「父の味を超え自分流にアレンジする。」との強い意志で二代目河原秀が旗揚げした「秀ちゃんラーメン」
あれから10年…
「日本のラーメン文化を世界に広める。」
目標を掲げ、今なお味の追求をし続ける・・・。

究極素材への追求・・・


国産小麦で誉れの高いニシホナミを中心に、当店のブレンダーが独自配合しモンゴル産カン水・藻塩・SECOM水で麺を打ち、手作りで製造しております。

白湯(スープ)
昭和三八年より使い続けられる鉄の鋳物による羽釜・・・
この釜に90kg〜120kgの豚骨を2日間にわたり煮込み、それを呼び戻しと言う博多ラーメンの製法で、お客様に提供しております。濃厚かつ鮮烈な味をお楽しみください。


人間の体の基本となる水・・・
当然、スープ・麺作りにも欠かせない物となり当店は、SECOM技術により多くの天然石でさまざまなミネラル分を、バランスよく含む、天然水の美味しさを再現した「SECOM水」を使用し安全でかつ安心な物作りに徹しています。


これも人間には、必要な物の一つであり、時には摂りすぎると毒にもなりかねない味を決定するには、必要不可欠なもの・・・
当店は、瀬戸内は蒲刈産厳選の古代塩「海人の藻塩」を使用。
古くは万葉集に詠まれる古代の製法で作られ天然海水塩と海藻を利用する為、ヨード・カルシウム・カリウム・マグネシウムなどが、多く含まれており不足しがちなミネラルの補給に最適です。

醤油
私共が作るラーメンは、「化学調味料を一切使用しておりません。」
当然既製品では、そのような醤油は存在せず蔵元に頼み込み一から作りました。
そして、味に深みと旨味を増す為に、店主自ら中国へ赴き貝柱・蝦・蛎青森産の最高級と謳われる鮑の干物を瓶に漬け込み三ヶ月寝かせて「造り醤油」にしました。

■商品名 二代目 河原秀登流「伝統と革新の極上ラーメン」博多 秀ちゃんラーメン5食入
■食品表示(名称) 博多 秀ちゃんラーメン(5食入)
■内容量 1食(180g)
■製造業者 ディアンドエイチ


送料無料!「伝統と革新の極上ラーメン」博多 秀ちゃんラーメン 今なら1食サービス★5食入り→...


この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。