2006年03月24日

徳島ラーメン「東大」

最高学府にちなんだ店名は
飽くなき商品開発へ突き進む志のあらわれ

「徳島のトップを目指す」という若き店主・内藤健太郎氏の志と、日々試行錯誤しながら常に新しい味を求め続ける努力は、最高学府に因んだ店名「東大」にふさわしい。野菜は一切使わず、豚骨だけを丸3日間煮込む“茶系(茶色の濃い)”スープ。骨の髄まで味を引き出しているので、こってりしているが後味はスッキリ。豚骨醤油スープにストレート中細麺の徳島ラーメン。ラーメンにバラ肉を炒めたものと生卵をかけてからめて食べると、マイルドな味わいが楽しめる。

徳島ラーメン「東大」徳島県徳島市

商品内容
4人前(麺100×4、スープ90g×4)

【全国銘店ラーメンシリーズ】徳島ラーメン「東大」
【全国銘店ラーメンシリーズ】徳島ラーメン「東大」


この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック

なんとか東大へ
Excerpt: 塾、予備校にいかなくたって、東大に合格できる!
Weblog: 東大勉強研究会
Tracked: 2006-04-29 15:48
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。