2006年03月24日

広島つけ麺「流行屋」

広島つけ麺ブームの火付け役。
店名とは違い流行りに終わらず

広島といえばつけ麺という人は多い。広島つけ麺とはキュウリや人参など、たっぷりと乗った野菜中心の具材と唐辛子やゴマなどが入った辛口のつけダレが特徴。中華そばと辛いつけダレを「つけ麺」とメニューに載せた最初の店が沖田秀喜が経営する「流行屋」である。韓国産の唐辛子をブレンドし深みを出したピリ辛の醤油ベースのつけダレに、ストレート麺のつけ麺が特徴。

広島つけ麺「東大」広島県広島市

商品内容
4人前(麺110×4、スープ45g×4)

【全国銘店ラーメンシリーズ】広島つけ麺「流行屋」
【全国銘店ラーメンシリーズ】広島つけ麺「流行屋」


この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。